アパート経営 / アパート経営 失敗 / アパート経営 注意点

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟ること

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟るこ

アパート経営の失敗で人を信じられなくなった。アパート経営を失敗する夢で期日期日の日々。店子の家賃は期日までに入ったか。アパートローンの支払期日がどんどん迫る。 アパート経営で督促状が書ける様になった。 アパート経営でケチな自分に気づき、強欲も身に付けた。そのせいで欲深とも言われた。 (ほどこすアパート経営で人格を上げた人もいる) アパート経営で草取りや箒の持ち方を覚えた。アパート経営で不動産を見る目が身に付き交渉力も身に付いた。アパート経営でホームレスの方々への思いやりも身に付きボランティア精神も向上した。アパート経営でリフォームも勉強した。アパート経営で経費や税金も勉強した。アパート経営で家賃滞納者対策を考えた。アパート経営で少しは世間に貢献したのにアパート経営で失敗するとは? 本気で世間に貢献すればアパート経営で失敗は無い。世間に貢献するアパート経営に失敗と言う名の貧乏神は寄り付かない。アパート経営の失敗で学び、アパート経営の注意点を知る!注意点とは!

2009年1月28日水曜日

アパート経営のこれから

収益アパートを経営するには


アパート経営は、安定収入を望む投資家にとっては、非常に魅力がある収益事業である。しかし、これからアパート経営を志そうとする人たちは、現在のように住まいさえ定まらない若者が巷に溢れている、殺気漂う悪政下の世の中(平成21年1月28日現在)では、ただ安定収入や収益目的だけでアパート経営に参入することは止めた方が良いと思う。何故ならば、ただ安定収入や収益目的だけのアパート経営は、バブル以降にアパート経営に参入した、一部の欲深成金のアパート経営者がやろうとしたアパート経営と、何ら変わりが無いからである。これからのアパート経営の理想を述べさせてもらうと、アパート経営とは、仮にもこれからアパート経営を志そうとする人たちは、アパートの収入収益だけに拘るのではなく、自分の経営するアパートが、如何に世のため、人のために役立たせていただけるのか、また、自分の経営するアパートが、世の中の弱い立場の人々を何人救うことができたのかを、常に念頭に入れながら、昔懐かしい長屋の大家さんのようなアパート経営が望まれる。

アパート経営の格言⇒アパート経営は汗して、動いて、欲張らず。!!