アパート経営 / アパート経営 失敗 / アパート経営 注意点

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟ること

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟るこ

アパート経営の失敗で人を信じられなくなった。アパート経営を失敗する夢で期日期日の日々。店子の家賃は期日までに入ったか。アパートローンの支払期日がどんどん迫る。 アパート経営で督促状が書ける様になった。 アパート経営でケチな自分に気づき、強欲も身に付けた。そのせいで欲深とも言われた。 (ほどこすアパート経営で人格を上げた人もいる) アパート経営で草取りや箒の持ち方を覚えた。アパート経営で不動産を見る目が身に付き交渉力も身に付いた。アパート経営でホームレスの方々への思いやりも身に付きボランティア精神も向上した。アパート経営でリフォームも勉強した。アパート経営で経費や税金も勉強した。アパート経営で家賃滞納者対策を考えた。アパート経営で少しは世間に貢献したのにアパート経営で失敗するとは? 本気で世間に貢献すればアパート経営で失敗は無い。世間に貢献するアパート経営に失敗と言う名の貧乏神は寄り付かない。アパート経営の失敗で学び、アパート経営の注意点を知る!注意点とは!

賃貸アパート経営とは

家主の中には、気苦労が重なって、ストレス解消のためか毎晩飲み歩き、病気で早死にするケースがあるかと思えば、80歳を超えても何かに取り付かれたかのように、次から次 へと賃貸アパートや賃貸マンションを買いあさっている後期老人家主もいる。
そういうアパートとは知らず、賃貸アパートを借りておられる賃借人は、期日までにせっせと家賃を納めている。
どういう家主のアパートでも、家賃は期日までには納めなければいけないと、ほとんどの賃借人は思っている。
落語に出てくる、まるで店子の親のように、面倒見の良い大家さんはいったい何処へ行っちゃったのでしょう。

賃貸アパート経営とは より